mac book airでフリーランス生活

macbook airを使って無料ツール,資産運用,お得な情報を発信しています。

【体験談】アラサーフリーランスのボクがdodaに行って転職相談をしてみた。

 

【公開日】2019年02月14日
【更新日】2019年08月05日


こんにちは。
ぴーたー(@around30fkg)です。

12月から3月までのこの時期は転職が多い時期ですね。テレビCMでも転職サイトの
斎藤工さんを起用したindeedやバカリズムさんを起用したエンなど各社様々な工夫を凝らして転職希望者を自社サービスへ案内してますね。


そこで、先日ボクも(フリーランスの身ですが、)転職サイトdodaに登録して、
カウンセリングを受けてきました。

[スポンサーリンク]

 

【体験談】アラサーフリーランスのボクがdodaに行って転職相談をしてみた。

1.アラサーMARCH卒の学歴は転職市場での需要はあるのか??


 
ちなみにボクのキャリアは以下の通り。

・年齢:30代前半
・過去の転職回数:2回
・直近の年収:700万
・学歴:大卒 私立文系(MARCH)

2.dudaの面談(関西)はグランフロント大阪で行われる。



会場はグランフロント(大阪)北館17Fでした。当日は雨だったので写真は撮影してません。


登録すると事前にこんな感じで丁寧にメールが来ます。

f:id:macbookairdekasegitai:20190213175605j:plain


(注) グランフロントの17Fへは直接上がれません。あらかじめ時間い余裕があったほうが好ましいです。

3.アラサーの転職は、選択肢が狭くなるという現実を知ることになる。



到着後アンケートを記入し、キャリアアドバイザーの方とこれからの方向性について
カウンセリングをしてもらいました。

結果から言うと、
30代の転職は第2新卒(大学卒業後最初の転職)と違って、年齢的にマネジメント能力まで求められるケースが多く、(職種にもよりますが、)営業職でもマネジメント能力を必要とする企業が多数を占めているとのことでした。ただし、20代中盤から30代前まではポテンシャル採用として未経験者でも採用案件が多数あるとのことです。

 

つまり、ポイントとしては、

「第2新卒の転職はイケイケ!・30代の転職は慎重に。」

といった感じです。

 

続いて、転職活動の流れは以下の通り。

   1.求人紹介
➡︎2.応募(企業選定)
➡︎3.書類選考(面接対策)
➡︎4.面接
➡︎5.合格
➡︎6.退職交渉/入社

5.アラサーの転職率は5%程度。


ボクのように30代で転職の場合、

各カテゴリを数値で説明すると以下の通り。

1.求人紹介案件 (70-80社)
2.応募     (約20社)
3.書類選考   (20%〜30%の確率で通過)
(ここは前職の実績や学歴もあるそうです。)
4.面接     (2-3社)
5.合格     (1-2社)
6.入社     (1社)


応募20社で入社が1社なので入社率は5%程度と想像していた数字よりも厳しい印象でした。
ただし、その入社率を上げるためにも内定に向けた各種サポートも用意されています。

・履歴書/職務経歴書の書き方
・面接対策の講義/e-ラーニング/スマホアプリ
・キャリアアドバイザーとLINEで連絡・相談

doda

f:id:macbookairdekasegitai:20190214115426j:plain

そのほか、dodaは業界でも大手(運営会社:パーソル)ということもあり、求人数も豊富です。

 

また、求人サイトでよくある「未経験者歓迎」という項目についても、さらに詳しい条件が記載されているので、「未経験者歓迎」の求人に直接応募するよりも、エージェントを利用する方が無駄な労力を課さなくて済みます。

 

もちろん、エージェントも企業からの紹介フィーで運営しているため、このぐらいのサービスが今の時代整っていて当然なのかもしれませんが、転職希望者としては無料で利用できるわけですし損はないと思います。

 

今回のようにエージェントを挟んだ場合は、転職から入社までのフォローが整っていますし、給与条件についてもエージェントが企業側と交渉してくれますので、交渉事が苦手な方にとっては大変便利だと思います。

 

ただし、前述の通り年齢や職種によっては採用までの工程が非常に長いケースもありますので、そのような場合は【ウォンテッドリー】 がおすすめです。

 

 

こちらのサービスは企業の人事担当や会社の代表の方から登録したページへ直接オファーがきます。特に興味のある会社のミートアップというイベントや会社役員との会食などフランクな形で企業や働き方を知ることができます。

 

利用している企業としては、スタートアップのベンチャー企業や第二創業期のための人材採用、資金調達後の人材採用など成長が見込める会社が多いという印象です。

ちなみに、ボクの場合は【ウォンテッドリー】 プレミアム版に登録後1日平均で8社程度の人事や会社の代表の方がプロフィールに訪れており、2ヶ月間有料版を利用しましたが、4社からオファーを頂きうち1社と契約することになりました。

もちろんこれまでのフリーランスとしての仕事も継続していきますが、直接企業のCEOからのメッセージだったので、決裁も早く諸々条件調整がスムーズにいきました。

企業側としても、30代の場合でもコストを払わずに直接採用できるので、大手企業でベンチャーや若い会社で挑戦してみたい方は是非この【ウォンテッドリー】 を利用するのもアリだと思います。


☑︎アラサーフリーランスが転職するためには? 


 ボクの場合はdodaを利用して労働市場のニーズと自分の市場価値を知ることができました。結果としてdodaで仕事の獲得はできませんでしたが、収穫は大きかったと断言できます。

 

担当の方によると年末から3月あたりまでが中途採用のニーズが高い時期とのことでしたので、転職を考えていらっしゃる方は一度doda等の転職サービスを利用して実際に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

👍ブログランキングに登録中👍

今回の内容が役立ちましたら
クリックお願いします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村