Mac bookでフリーランス生活

macbookを使って、ブログ運営・ライフハック・資産運用などを書いています。

【役立つ】MacBookで使えるエクセルツール5選。


【公開日】2017年01月20日
【更新日】2020年05月07日

こんにちは。
タロウ(taroblog1985)です。

4月にmacbook airを購入して
10ヶ月経過しました。
購入時は初期設定で入っているNumbersを使用していましたが、
データを提出する際にやたらWindowsとの相性が悪いらしく、
送付先の相手が少し困ってしましました。 

とはいえ、
年に数回程度の対応のために、
「わざわざ課金してエクセルを購入するのはもったいない」ので、

今回は「macで利用できるエクセルツール」を調べてみましたのでまとめてみました。

【この記事の対象となる方】

●MacBook air/Proを利用していてエクセルを利用していない方。
●現在mac製品購入を検討中の方。
●Numbers愛用者。

 

exel

【役立つ】MacBookで使えるエクセルツール 5選


1.Libre Office


Libre Office

▶︎https://ja.libreoffice.org/

『LibreOffice』はコミュニティが原動力となって開発されているソフトウェアで、The Document Foundationという非営利組織のプロジェクトです。Macとの連動性も高いです。
ダウンロードすると初期設定は英語でしないといけないのですが、日本語設定もできます。英語が苦手な方は「日本語インターフェース」をDLすれば簡単に利用できます。その他の説明は下記動画で確認してみましょう。

www.youtube.com

2.OpenOffice


f:id:macbookairdekasegitai:20190117034708j:plain▶︎http://www.openoffice.org/

✔︎【最新版】
ダウンロードページはこちら (2019年08月09日時点)

▶︎http://www.openoffice.org/download/index.html

こちらのツールも無料で使えますが、時折データが消えることがあります。最近はあまり利用をしていませんが、使用しやすい方は定期的な上書き保存を推奨します。
下記にOpenOfficeのメリット・デメリットをそれぞれまとめてみました。
【メリット】
✔︎.LibreOfficeよりもセルの色の種類が多い。
【デメリット】
✔︎.切り取ったセルの挿入ができない。
✔︎.ショートカットの配列が異なる。

 

3.Googleスプレッドシート


google-spreadsheet▶︎https://www.google.com/intl/ja_jp/sheets/about/
Google スプレッドシートは汎用性が高く、Googleを代表する無料ツールです。

【特徴】は以下の通り
✔︎.自動データ保存機能。
✔︎.同時に複数人で作業実施が可能(オンライン接続時)
✔︎.スマホアプリ有り(移動中の作業やデータ確認も可能)
✔︎.マクロを組むことも可能/重複削除機能も搭載。
紙でデータを印刷したい場合は拡張子を ".exel"以外でも出力可能。
 

 

4.たよれーる Office365


たよれーる

大塚商会さんのサービスですが、最新Office製品を月額1,080円で利用できます。会社員勤めをしていた時期に毎月税理士さんへデータを提出する際に、フリー素材だと、「まれにバグが発生したり、関数が読み込めない。」などのトラブルを経験したので、お金に関連する業務をされている方は「たよれーるOffice365」がおすすめです。
ボクも現在はたよれーるoffice365 を利用しています。
「30日間の無料トライアル」がありますのでまずは無料でお試しください。

たよれーるOffice365の特徴』は

・1ユーザーで5台インストール可能。
・最新Officeでの使用が可能(わざわざアップロード不要。)
・電話サポート付き。
・30日間は無料で利用可能。

有料版の利点は否めませんが、とはいえ1ヶ月1080円です。
Office全般が使えますので有料版といえどおすすめサービスです。

 

5.Excel Online

f:id:macbookairdekasegitai:20190809185705j:plain

▶︎https://www.office.com/
マイクロソフト社が提供しているクラウド型のExcelです。
マイクロソフトのアカウントでサインインをすると通常のエクセルと同様に利用できます。実際に使ってみると少しタイムラグを感じることがありますした。
オンライン上で作業ができるGoogleスプレッドシートと比較をすると、後者の方が
使いやすいというのが個人的な感想です。とはいえ無料で利用できますので頭の片隅に入れておく程度でよいと思います。

 

6.【まとめ】macbookで使えるエクセルツール


今回は5つエクセルツールをまとめてみましたが、個人的な感想としては使いやすさで順番をつけると
1.たよれーるoffice365
2.Googleスプレッドシート
3.LibreOffice
4.Excel Online
5.Open Office

といった感じです。もちろん無料版と有料版では差別化がありますが、その中ではGoogleスプレッドシートは優秀だと思います。ただし、仕事上、公的機関とやりとりがある場合であれば、無料版ではなく有料版の方が好ましいです。一度無料体験で有料版を30日間使って頂くことも推奨しておきますね。

【30日間の無料トライアル実施中!!】
▶︎たよれーるoffice365

 

 

【関連記事】

☑︎.macbook airで使える無料おすすめ仕事ツール6選 メリット・デメリット

☑︎.無料ツール使ってみた結果【G Suite】が1番パフォーマンスがよすぎた。