Mac bookでフリーランス生活

macbookを使って無料ツール,資産運用,お得な情報を発信しています。

【実体験】マッチングアプリPairs(ペアーズ )で嫁と出会って結婚してみた感想をまとめてみた。

 

【公開日】2019年09月30日
【更新日】2019年10月08日


こんにちは。
ぴーたー(@around30fkg)です。そろそろ秋ですね。文化祭や各種イベントで様々な出会いのきっかけがある時期ではないでしょうか?っと言ってるボクも今年で30代半ばに差しかかりいつのまにか2児の父になっていますが、妻との出会いは意外にも「マッチングアプリ」でした。今回は「出会い」に注目してボクの体験談を書いてみました。 

ちなみに、妻と出会うまでのボクは、ブラック企業で中間管理職をしていました。当時を振り返るとまさにこんな会社でした。

✔︎1.基本給が前触れもなく突如下がる。
✔︎2.本社スタッフが2ヶ月単位で変わる。
✔︎3.役員が責任を取らない。
✔︎4.建替経費が建替えてもらえない。
✔︎5.企業秘密が社外へ簡単に漏れている。
✔︎6.売物商品(現物)がないのに売上げノルマが課せられる。
✔︎7.社内の男女の噂が絶えない。

 よくよく考えれば、中間管理職という立場で「辞められない」環境に毒されていたと思いますが、"妻と出会ったことで考えが変わり、フリーランスという道"にも進みました。今のところ順調に進んでいるのでこの選択は正しかったと思ってます。それもきっかけはこの、マッチングアプリに登録したからであって、コレを紹介してくれたK先輩には感謝しかないですね。

f:id:macbookairdekasegitai:20190808231750j:plain

 

【実体験】マッチングアプリPairs(ペアーズ )で結婚してみた感想をまとめてみた。


1.ペアーズ の口コミや評判を調べなくても大丈夫?


ボクの場合ペアーズ をK先輩の紹介で始めたのですが、あとあと調べて見ると悪い評判はあまり見かけませんでした。むしろ当時と比べる更に良くなっているようです。
累計登録人数は1,000万人以上(2019年1月時点)
お付き合い、結婚したカップル20万人以上。
● Facebookアカウントからの登録なので(一部例外あり)サクラがほぼいない。
無料でスタートできる。(※女性は無料、男性の場合有料版は3,480円〜)
男性:女性の登録比率は約6:4
(そのうちアクティブユーザーは男性約38万人、女性26万人)
アクティブユーザーが多い点は良いアプリの証拠ですね。

2.ペアーズ のマッチング率は他アプリと比べて高い?


ボクは2017年当時Pairs(ペアーズ )以外も登録しましたが、マッチングはしてもサクラとのマッチングが多く、他のアプリと比較するとPairs(ペアーズ )はマッチング率は高かったと思います。というのもはじめの段階で会いたい女性のタイプ(容姿・年齢・趣味・出身地・現住所)について条件を指定することができます。
(実際の画面はこのような感じです。)

f:id:macbookairdekasegitai:20190807235858j:plain

外見や趣味など公開可能な限りの情報を見ることができます。(ちなみにピンクの部分は顔写真なので今回は隠しています。)写真とコメントを見た上で、「会ってみたいなぁ」と思えば【👍いいね!】ボタンをクリックし、相手も自分のことを【👍いいね!】してくれるとマッチングとなりメッセージをスタートすることができます。

 

3.ペアーズ の使い方はmixiに似ている。


ペアーズ を使ってみて感じたのは、単なるマッチングアプリではなく、コミュニティが数多くあり昔のmixiのような使い方ができました。ボクと嫁はTHEE MICHELLE GUN  ELEPHANTが好きだったということもあり、同じコミュニティにも入っていました。女性とアプリでマッチする前に、どのようなコミュニティに登録しているかによって自分と共通する点もあらかじめわかるので、マッチした時の話のきっかけにもなるのでこの機能はGoodポイントだと思います。

 

4.婚活サイトに登録よりも、Pairs(ペアーズ)のほうがコスパがいい!!


当時ブラック企業に勤めていたので、仕事とプライベートの区別がなく、(むしろほぼ仕事)だったので、ホントに出会いがありませんでした。年齢も30代半ばを迎え、結婚への少し危機感があったのも覚えています。そこで様々な婚活サイトを調べてみました。楽天オーネット、ツヴァイ、パートナーエージェントなどの有名どころから始まり、「ホントにコレやってんのかな?」っていうマイナー婚活サイトまでくまなく調べました。
そのなかでわかったことは、有名どころの婚活サイトについては入会時に入会金が10万円以上ありましたし、毎月の月会費も平均的に13,000円ありました。(結婚に至った場合には「成婚料」が必要なサイトもあったりします。)
この業界の成婚率が20〜30%ぐらいらしいので、このそのために「10万円+月会費」を投資することは、ボクの頭の中で「大半は結婚できんのかい!!」という印象が強く否定的でしたが、一方でPairsは有料版でも他の婚活サイトと比べて、月額3,500円程度(当時)だったのもあって、モノは試しにスタートしてみました。

5.嫁さんとマッチングしたのはスタートして2日目。


ここからは結果論ですが、嫁さんとマッチングしたのは登録して2日目でした。
嫁さんも仕事が多忙で出会いがなく、後輩から誕生日の日にPairs(ペアーズ )を紹介してもらっていたらしく、結婚後にわかったことは、ほぼ同じ時期にPairs に登録していたようです。特にマッチングした中で嫁さんと結婚する決め手となったのは、
1.価値観(お金周りも含む)が似ていること。
2.ケンカがないこと。
3.地元が一緒だったこと。
4.貯蓄よりも投資に積極的なこと。
だったと思います。その他、ボクも嫁さんもタバコを吸わないですし、お酒も飲まないので、そのような点も結婚する上では大事かと思います。逆に、「タバコが好き、お酒が好き」っていう理由で結婚される方もいると思うので、まずは共通点が多い女性(男性)と出会えることが大事だと思います。

ペアーズ-結婚

6.Pairsの方が婚活サイトよりもよいところはコスパと自然なところ。


前述の婚活サイトと比べてPairs(ペアーズ )の良いところは、コストパフォーマンスだけではなく自然なところです。自然なところというのは、男性も女性も「結婚はしたいなぁ〜」と思いつつも、それほど相手に対してガメつくないところがあります。というのも、主要な婚活サイトの場合は、男性も女性も「結婚という不確定なゴール」に向けての初期投資と月次のランニングコストが高すぎます。加えて、リターンを求めるがあまり自分が望む相手の要望を高く求めすぎる傾向にあると思います。
その一方で、Pairsは男性は4,000円程度(1ヶ月)、女性の場合は無料(一部例外あり)です。居酒屋で1回分の料金で「未来のお嫁さん候補」に出会えて、互いの都合が合えばデートして、運がよければ結婚もできるわけですから、昔の仲人制度や高額なサービスはそろそろ時代として難しくなるでしょうし、今後はもっとこんなケースが増えると思います。

 

7.Pairs(ペアーズ )を使って結婚した感想のまとめ


今回はボクの経験談をまとめてみました。もちろん結果論なのでPairs(ペアーズ )を利用して交際ができなかった、結婚できなかったという方も一定数いらっしゃると思います。それに加えてPairs以外のマッチングサービスを利用して結婚された方もいらっしゃるでしょう。とはいえ、「マッチングサービスを利用した結婚」も一つの手段であることをこのブログを通じて伝えたかったので、少しでもマッチングサービスに嫌悪感がある方にとっては健全なサービスもあることを知って頂ければ嬉しいです。

 

この記事を書いた人

ぴーたー

超絶ゆったり系ブロガー。株・投資信託・J-REIT・ときどき仮想通貨について書いてます。 そのほかmacbook情報・アマゾン・楽天など雑記でなんでも書きます。 詳しいプロフィールはこちらから。